斎場も競争に備える時代!

近所に立て続けに斎場ができた。ひとつは家族葬専用の小さな箱で1日1件のお葬式しかできないようだ。もう一つは2階建ての大きな斎場だ。そこではお葬式の規模に応じて会場の設定ができるようで、大きなお葬式なら1度に2件、家族葬レベルのものであれば、4,5件は同時にできる大きさを誇っている。
駐車場も家族葬専用の箱はだいたい30台くらい駐車できる広さで、大きな斎場は自走式の3階建ての駐車場と建物の周りのスペースがあって、200台以上は駐車できそうだ。
それぞれ違う斎場のチェーンが新設した斎場で、開業前から宣伝と会員囲い込みの競争をしていた。
家族葬斎場のほうは、将来の自分の葬儀のために会員になって毎月積み立てしませんか?という宣伝をしていた。
葬儀費用のトラブルと葬儀ローンを見てみると費用のトラブルが多いようなので、積み立てをして未然に防ごうということなのだろうか。
大きな斎場のほうは積み立て会員の募集のために斎場内の見学会も行なっていた。面白半分で見学会に行ってみたら、模擬葬儀をやっていて祭壇の見本と棺の見本を展示していた。
余談だが、日頃から棺桶と呼んでいた棺だが、その形状は横に長い直方体で、桶の要素はまったくない。棺桶というのは、昔の木造の風呂桶のような丸みを帯びた形状で、今の世の中にはないもののようだ。黒澤明監督の「用心棒」で主人公の桑畑三十郎が隠れる小さな風呂桶みたいのが、いわゆる棺桶なのかもしれない。
大きな斎場では、見学者へのアンケートをお願いしていて、それに協力すると「エンディングノート」が貰えるらしい。一瞬貰おうかな?と考えたけれど、まだ必要がないような気がして、アンケートはお断りをした。
高齢化社会の進行で斎場利用者予備軍も増えているはずなのに、この斎場同士の競争は何なのだろう?もしかして子供も減っているので、今から将来の過当競争に備えて準備しているのかもしれない。
でも、ここ数年の新聞のお悔やみ欄の傾向は、末尾に「葬儀終了」と書かれていることだ。こういった場合は、斎場で葬儀を行なわず、直葬やごく内輪の小さな葬儀だけをしたと類推されるのだ。そういう意味では、斎場自身が危機感を持って活発な宣伝を行っているのも理解できるような気がする。
さて、私はどちらの斎場を選ぼうかな?

地方によって異なる香典のマナー

最近はあまり葬儀に参列することがなかったので、その作法を忘れていました。特に通夜の席でお香典を差し出すタイミング、渡し方などです。
東京で勤務していたときは取引先の不祝儀に担当営業が行くのが普通で、総務から袱紗に包まれたお香典を手渡され、それを持って通夜の会場となっている斎場やご自宅に赴き、受付がある場合はそこで袱紗からお香典を取り出して「このたびは誠に・・・」と消え入るような声で挨拶をしながら、お辞儀をしながらお香典を差し出していました。受付がない場合は祭壇前で焼香をしながら、そこにある盆の上にお香典を置いて手を合わせていました。
ところで、先月、札幌に転勤になりました。そして着任一週間もしないうちに前任者から引き継いだ取引先で不幸がありました。社長の義理のお母様が亡くなったとのことで、通夜に参列することになりました。
総務にお香典と数珠、黒ネクタイを用意してもらいましたが、お香典袋が袱紗に包まれていないので、「袱紗は?」と聞くと、「使いますか?北海道ではあまり使う人はいないですよ」との返事が。まさか、そんな?と思いながらも「使うので用意して」とお願いしました。通夜の行われる斎場に着くと、受付があって、そこでお辞儀をして「この度は・・」と言いながら袱紗からお香典を出すと、「ご苦労様です」とお香典を受け取った受付の女性が、いきなりレターオープナーで香典の袋を開けると、中から現金を取り出して金額を確認し、後ろに控えている別な女性に香典袋と現金を渡した。後ろの女性は領収書に会社名と金額を書き入れるとまた前の女性に戻し、そこで香典返しと思われる品と挨拶状といっしょに私に渡してくれました。
いきなり香典袋を開けられた驚きと、領収書作成から香典返しの受け渡しまでの一連の流れるような動きに感心するしかありませんでした。
ところ変わると通夜の受付まで変わるのだなと思った次第です。

弔電もIT化?

最近では電報を打つことはほとんどなくなった。十数年前に友人の結婚式に出られないので、祝電を打ったのが最後かもしれない。
昨日のこと取引先の社長のお父様が亡くなったとの連絡をいただいた。通常ならば、通夜か告別式に参列するところだが、非常に遠方だったので、参列は諦めて弔電と供花の手配をした。
弔電は電話番号115にかけて電文を伝える、あるいは電文の例文番号を確認しておいて、その番号を告げて、相手先の名前などを補完するのが一般的な手順だと思っていたが、例文を参照しようにも手許に電話帳がない。
しょうがないので、インターネットで調べてみると、電報もインターネットで手続できるようになっていた。当然と言えば当然か。。。自分が知らなかっただけなのだ。
NTTのインターネット電報サイト「D-MAIL」は19時までの申し込みで当日配達してくれるとのこと、電文は従来通り例文番号もあれば、自分で登録もできる。それよりも台紙の種類の豊富さ電報と一緒に送ることができる線香やブリザードフラワーと言ったものが用意されているのに驚いた。昔は刺繍台紙や押し花台紙を選ぶだけだったような気がするのだが、昔から線香なども送ることができたのだろうか?
デジタル時代となった今、なんとなくアナログ感を感じさせるのは電報という古くからある媒体の本質なのだろうか?久しぶりの電報でちょっと考えてしまった。